チャージバック(charge back)とは

チャージバック(charge back)とは
チャージバック(charge back)はクレジットカード発行会社(イシュアー)が加盟店契約会社(アクワイアラー)に対して、加盟店の手続上の不備等を理由に、当該カード売上の取消しを要求することです。具体的なケースとしては、加盟店側がフロアリミット以上のカードショッピングに対してオーソリゼーションを求めなかったり、無効カードに対して売上を実行してしまった場合などです。通常はカード会員から事情を聞くなど、事実関係をよく調査しカード売上に瑕疵(かし)が認められた場合に行ないます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。