中央演算処理装置(CPU=central processing unit)とは

中央演算処理装置(CPU=central processing unit)とは
中央演算処理装置(CPU=central processing unit)はコンピュータの中核部分で、記憶、演算、制御の3大機能を持つ装置です。プログラムの指示を解読し、それに従って処理を実行する装置です。単にセンターマシンという場合もあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578571

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。