中央銀行(central bank)とは

中央銀行(central bank)とは
中央銀行(central bank)は一国の金融組織の中核をなす銀行です。金融市場や通貨の流通の中心にあって、通貨価値の安定や信用制度の保持・育成といった公共的な使命の達成に努める銀行です。わが国の場合、日本銀行をさします。中央銀行の業務とは、銀行券の独占的発行(発行銀行)、金融機関との金融取引(銀行の銀行)、また、政府の預金を預かったり政府に関連する各種の業務を行なうほか、場合によっては政府に信用を供与する(政府の銀行)ことです。さらに、中央銀行は、こうした業務を基礎として、通貨価値の安定を達成し、経済の安定、発展を図るため、金融政策を遂行しています。金融政策の手段としては、公定歩合等の貸出政策、債券・手形等を売買する公開市場操作、準備率操作等があります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578572

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。