裁定取引(arbitrage transaction)とは

裁定取引(arbitrage transaction)とは
裁定取引(arbitrage transaction)は鞘(さや)取り取引とも呼びます。証券市場や金融市場で行なわれてるもので、現物取引と先物取引の間の理論値の乖離(かいり)を計算して、差益を得ようとする取引です。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578591

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。