長期信用銀行(long-term credit bank)とは

長期信用銀行(long-term credit bank)とは
長期信用銀行(long-term credit bank)は1952(昭和27)年施行の長期信用銀行法に基づく銀行です。銀行法に基づく普通銀行と異なり、産業資金供給のための長期金融専門機関として、金融債発行による資金調達に特色があります。日本興業銀行(興銀;特殊銀行から転換)、日本長期信用銀行(長銀;1952年設立)、日本債権信用銀行(日債銀;1957年設立)の3行ありましたが、長銀と日債銀は1999(平成11)年に破綻し、長銀は新生銀行、日債銀はあおぞら銀行が業務を引き継いでいます。また、興銀は2002(平成14)年4月に富士・第一勧業銀行と合併(みずほ銀行)しました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「ち」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。