積立金(reserve)とは

積立金(reserve)とは
積立金(reserve)は将来の何らかの使途に備えた内部留保金のことです。商法288条の規定に基づく法定積立金と任意積立金があり、任意積立金は目的を限定した特定目的積立金と、特に目的を限定しない別途積立金に分かれます。特定目的積立金の目的外取崩し(戻入れ)や別途積立金の取崩しを行なうには株主総会の決議が必要となります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「つ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578608

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。