サインレスシステム('sign-less' system)とは

サインレスシステム('sign-less' system)とは
サインレスシステム('sign-less' system)はクレジットカードを利用する場合、通常、本人であることを確認するため、加盟店では売上伝票に利用者のサインを求め、カード裏面の本人の自筆によるサインとの照合を行ないます。サインレスシステムは、この売上伝票へのサインを省略してしまう制度であり、クレジットカードの処理時間を短縮することができます。現在、百貨店・スーパー等の食品売り場、コンビニエンスストアや高速道路料金など、代金決済のスピードが要求され、かつ換金性の低い商品・サービスに限定して実施されています。なお、本人確認の問題から、サインの代わりに暗証番号を入力するシステムもあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578615

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。