詐害行為(fraudent act)とは

詐害行為(fraudent act)とは
詐害行為(fraudent act)は債務者が債権者を害することを知りながらする法律行為です。債権者がこの行為の取消しを裁判者に請求する権利を「債権者取消権」といいます。

関連ワード > 債権者取消権
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。