詐欺破産罪(fraud bankruptcy)とは

詐欺破産罪(fraud bankruptcy)とは
詐欺破産罪(fraud bankruptcy)は破産法に定める債務者に対する刑罰の1つです。債務者が破産宣告の前後を問わず、自己もしくは他人の利益を図ったり債権者を害する目的で、財産の隠匿・毀棄、破産財団の負担の増加、商業帳簿の不作成・不正記載・隠匿・毀棄などの行為を行ない、破産宣告が確定したときは、10年以下の懲役に処せられます(破産法374条)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578619

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。