定期積金(fixed-term installment savings)とは

定期積金(fixed-term installment savings)とは
定期積金(fixed-term installment savings)は定期的に一定の金額を一定期間積み立て、満期日に積立総額と給付補填金(預金利子に相当)を合わせて受け取る内容の貯蓄商品です。通常、定期積金は、金融機関によるか掛金集金を原則とし、取扱い金融機関は信金、信組、農協等が中心となっています。積立期間は6ヵ月以上で、実際には1〜5年が多いです。なお、給付補填金は税法上雑所得に分類され、総合課税の対象となります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。