定性分析(qualitative analysis)とは

定性分析(qualitative analysis)とは
定性分析(qualitative analysis)は物事の「性質」を分析することです。消費者信用において「定性分析」という場合は、与信判断の基準の1つをさし、「返済意志の強さ」を分析することをいいます。「定量分析」が、いくらまで貸せるかを判断する分析作業であるのに対し、定性分析は、まず「貸せるか、貸せないか」を判断するものといえます。

関連ワード > 定量分析
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。