抵当権(mortgage; affection; hypothec)とは

抵当権(mortgage; affection; hypothec)とは
抵当権(mortgage; affection; hypothec)は民法369条以下の規定で、債権者が担保物権(抵当物件)の引渡しを受けずに、抵当権設定者(一般には債務者または保証人)に使用させておき、債務不履行の場合に、その担保物権を競売などの方法で換価し、優先的に債権の弁済を受けることを目的とする担保物権です。質権と違って留保効力はもたないため、弁済期まで債務者もしくは物上保証人の手元に、目的物の占有を残しておくことになります。不特定の債権を担保する根抵当も抵当権の一種です。

関連ワード > 質権
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578631

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。