錯誤(mistake of fact(law))とは

錯誤(mistake of fact(law))とは
錯誤(mistake of fact(law))は人が認識したところと認識した対象である事実が一致しないことをいいます。契約などの法律行為の重要な部分である要素に錯誤があるときは、その意思表示は無効となります(民法90条)。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578639

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。