差押禁止財産(property prohibited to be attached)とは

差押禁止財産(property prohibited to be attached)とは
差押禁止財産(property prohibited to be attached)は債務者に属する財産であっても、強制執行の目的物として差し押さえることを禁止されている財産のことです。民事執行法は、131条で動産について、152条において債権について差押禁止財産を規定しています。いずれも、債務者の最低限の生活を保障することを主目的が置かれています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578641

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。