サラリーマン金融('salary-man' loan; salary loan; comsumer loan)とは

サラリーマン金融('salary-man' loan; salary loan; comsumer loan)とは
サラリーマン金融('salary-man' loan; salary loan; comsumer loan)は消費者金融専業者またはその業務です。 1960年代に始まった新しいスタイルの個人向け無担保・無保証融資は、その顧客対象をサラリーマンに限定したため、「サラリーマン金融」または「サラリーローン」と呼称されました(通称;サラ金)。サラリーマンに限定したのは、高度経済成長の過程で最も収入が安定した個人層であり、無担保・無保証でもリスクが少ないと判断されたためであります。 しかし、1970年代から業者が増加し過剰融資競争が始まったことから、「高金利」「過剰融資」「強行取立て」を「サラ金三悪」と称した批判キャンペーンがマスコミを中心にまき起こり、貸企業規制法の制定につながりました。現在 「サラ金」は批判的・侮蔑的な意味をこめて使用されることが多いため、消費者金融業界ではその使用を否定しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「さ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578645

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。