金利規制(interest regulation)とは

金利規制(interest regulation)とは
金利規制(interest regulation)は金融東京陸金利の水準や変動幅などを規制、決定することをいいます。広義には、市場での金利の形成に対して当局がある意図をもって明示的、あるいは暗黙的手段を用いることにより介入を行なう場合や、金利を慣行によって一定の関係に序列づけることをも含みます。金利規制を行なう目的は、@一部の価格支配力のある借り手、貸し手等の参加者により、金利が不当に高く、あるいは低く設定されていることを防ぐ、A金融機関間の競争を制限し、経営破綻を未然に防ぐことによって、信用秩序の維持を図る、B金融政策上の目的から人為的に金利をコントロールすること、等ですが金融の自由化が進められる過程にあって、種々の金利規制が撤廃、ないし緩和される方向にあり、1994(平成6)年には預貯金金利が完全自由化されました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(1) | 「き」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578667

この記事へのトラックバック

モラルと規制
Excerpt: 昨日、久しい友人が生後4ヶ月の赤ちゃんを連れて銀座に来ました。外は暑いし、抱いて歩いているのも大変なので、有名ブランドのゆったりできるカフェへ入りました。平日の16:30だったこともあり、カフェはガ...
Weblog: 投資アドバイザー 河合圭のオフショア投資ブログ
Tracked: 2012-09-11 14:35
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。