金利減免(reductions or moratorium on interest payment)とは

金利減免(reductions or moratorium on interest payment)とは
金利減免(reductions or moratorium on interest payment)は銀行などの債権者が、経営難に陥った企業などの債務者に対する貸付金の金利を、契約時よりも軽減したり、免除することをいいます。減免対象は、通常、再建の見込みのある企業に限られ、減免幅は企業の経営状況などに応じて決められます。都市銀行などは1995(平成7)年9月から、公定歩合以下の金利減免債権額を公表しています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578675

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。