手形貸付(loan on bills)とは

手形貸付(loan on bills)とは
手形貸付(loan on bills)は借り手(振出人)に、銀行(貸出人)を受取人とする約束手形を振り出させて金銭を貸し付ける方法です。こうした手形は通常裏書人がないため、単名手形(single name paper)と呼ばれます。証書貸付の場合は、債務不履行の際、催告やさらには債務名義の取得などの手続きが必要ですが、手形貸付の場合は、こうした手続きの前に、手形交換所における「不渡り」、それに伴なう「取引停止処分」などの制裁手段があるため、債務者(手形振出人)の返済に対する姿勢が真剣になるという心理的効果があります。また、わが国における手形貸付は伝統的に「利息先払い」の形式がとられているため、貸し手が受け取る実質金利は、表面上の約定金利よりかなり高くなる場合が多いです。なお、手形の振出人に対する手形金の請求権の時効は満期日から3年となっています。

関連ワード > 債務名義
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578677

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。