金利減免債権の流動化(liquidation of restructured loans)とは

金利減免債権の流動化(liquidation of restructured loans)とは
金利減免債権の流動化(liquidation of restructured loans)は金融機関が金利を減免している貸付金などの再建を受け皿会社に現物出資する形で、この債権を本体から切り離すことをいいます。受け皿会社は「特別目的会社」と呼ばれ、このためだけに設立されました。

関連ワード>金利減免、特別目的会社
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578678

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。