金利裁定取引(interest rate arbitrage)とは

金利裁定取引(interest rate arbitrage)とは
金利裁定取引(interest rate arbitrage)は金融市場に金利差が存在する場合、金融機関や投資家がその機会をとらえて相対的に低金利の市場で資金を調達し、高金利の市場でその資金を運用することにより利息を稼ぐ取引をいいます。わが国における金利裁定取引は、かつて外国為替市場における異種通貨の金利差と為替相場の直先スプレッドとの乖離(かいり)を利用した取引が中心でしたが、最近では、金融自由化、金融市場の多様化に伴なって、手形・CD・CP等の短期金融市場相互間、東京市場と海外市場間、さらには債券・株価指数の現物・先物市場間などで様々な裁定取引が活発に行なわれています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578684

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。