手形の満期(due date of bills)とは

手形の満期(due date of bills)とは
手形の満期(due date of bills)については手形法33条および77条で、@一覧払い(持参した時点での即時払い)、A一覧後定期払い(持参後の一定期日の支払い)、B日附後定期払い(満期の日付後の一定期日の支払い)、C確定日払い(約定期日の支払い)の4種類となっており、これ以外の満期や分割払いの手形は無効とされています。満期日を含めて3日以内(呈示期間)に当該手形を銀行に呈示すると、手形に記載された金額が、振出人の当座勘定から支払われます。

関連ワード > 手形法
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。