手形不渡り(dishonour of bill)とは

手形不渡り(dishonour of bill)とは
手形不渡り(dishonour of bill)は振り出された手形が、満期に手形交換所で決済されずに、振込み銀行に戻されることです。6ヵ月以内に、不渡り手形を2回出した企業は、取引停止処分を受けます。ただし、手形裏書人はこの処分の対象にはなりません。取引停止処分になると、2年間は手形交換所参加銀行との当座取引および貸出取引が禁止されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。