金利体系(system of interest rates;interest rate system)とは

金利体系(system of interest rates;interest rate system)とは
金利体系(system of interest rates;interest rate system)は取引の機関、取引対象資産の市場性の程度、借り手の信用度等に基づく、各種金利水準や変動に関する相互関係をいいます。金融市場間の裁定活動によって「体系」が成り立ちます。通常、預金の場合、長期金利は短期金利より高く、また貸金の場合は借り手の信用度が高いほど金利が低い等の関係が一般的です。とくに日本の場合、規制金利の決定に際して金利体系が重視され、公定歩合を軸とする短期金利体系、国債発行条件を軸とする長期金利体系に沿って主要な金利が決定されてきました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「き」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。