手形法(Bills of Exchange Law)とは

手形法(Bills of Exchange Law)とは
手形法(Bills of Exchange Law)は1932(昭和7)年制定、1934(昭和9)年施行、1981(昭和56)年改正の手形に関する法律です。第1編為替手形(1条〜74条)、第2編約束手形(75条〜94条)から成り、「手形要件」、「利息の約定」、「白地手形」、「裏書の担保能力」、「満期の種類」、「休日」、「時効」などが規定されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578695

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。