手形要件(essential conditions of a bill)とは

手形要件(essential conditions of a bill)とは
手形要件(essential conditions of a bill)は手形効力を持つための必要記載事項です。為替手形の手形要件は、@為替手形の文字、A一定金額を支払うという単純なる委託、B支払人(金融機関)の名称、C満期の表示、D支払地(金融機関所在地)、E支払を受ける者の名称、F手形振出日および振出地の表示、G手形振出人の記名捺印または署名の8項目(手形法1条)です。約束手形の手形要件は、@約束手形の文字、A一定金額を支払うという単純なる約束、B満期の表示、C支払地の表示、D支払を受ける者(受取人)の名称、E手形振出日、振出地、F手形振出人の記名捺印または署名(手形法75条)の7項目です。手形要件の記載を欠いている手形は、@満期の記載のないものは「一覧払い」のものとみなす、A振出地は特別の表示がない限り、これを支払地にしてかつ、振出人の住所地であるとみなす、B振出地の記載のない手形(為替手形、約束手形)は、振出人の名称に附記した地において振り出したものとみなす、の3項目を除き、効力を有しません(手形法76条)。なお、手形要件の記載が未完成の手形のことを「白地手形」といいますが、未完成で振り出した手形に、当初の約束と異なる内容の補充をされた場合でも、所持人が悪意、または重大なる過失で手形を取得した場合以外は、振出人は所持人に対抗できません。

関連ワード > 白地手形
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。