手元流動性(cash plus marketable securities)とは

手元流動性(cash plus marketable securities)とは
手元流動性(cash plus marketable securities)は企業が保有する資産のなかで容易に資金化し、決済に使用できる資産をいいます。現金、預金、短期所有有価証券の合計をさすことが多いです。資金化の確実性に重点を置くもので、手元流動性は事業規模や一定期間の支払義務、借入能力、金融情勢によって決定されます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578714

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。