グレーゾーン(gray zone)とは

グレーゾーン(gray zone)とは
グレーゾーン(gray zone)は民事上の判断機銃を示す「利息制限法」は、貸出上限金利を年15〜20%(契約金額によりことなります)としていますが、刑事罰により契約行為を禁止される基準となる出資法の上限金利は29.2%となっています(2000年6月改正)。この2法の間の金利帯を「グレーゾーン」と呼ぶことがあります。この金利帯での契約は、利息制限法では「任意の支払いの場合有効」としており、貸金業者は貸金業規制法43条でグレーゾーン範囲内の金利が有効となる条件を定められています。

関連ワード>出資法、利息制限法、43条問題
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578723

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。