クレジットカード(credit card)とは

クレジットカード(credit card)とは
クレジットカード(credit card)は現金に代わる決済手段の1つです。後払いで商品(サービスを含む)の購入ができるカードです。クレジットカード会社が認めた会員に対して、加盟店においてカードをもって物品・サービスの購入ができるシステムです。米国で1920年代に石油会社が発行したオイルカード(ガソリン購入用カード)が始まりです。その後のT&E(travel & entertainment)カードの隆盛を経て、汎用カード(多目的=様々な店で様々な商品が購入できるカード)が主流となりました。汎用カードは1950年のダイナースカードが最初です。わが国では1960(昭和35)年に日本ダイナースクラブが61年にJCBが設立されましたが、本格的に普及し始めたのは、1968(昭和43)年に都市銀行が本格的にこれに取り組み始めてからです。銀行にとってクレジットカードの拡大は、取引先層の拡大や定着化、流動性預金の獲得につながり、商店にとっては売上げの拡大、カード所有者にとっては多額の現金の持ち運びの必要のないこと、信用を受けられること(特に海外)などの利点があります。汎用クレジットカードの仕組みは、次の通りです。
@クレジットカード会社は申込者にカードを発行し、クレジットカード会員にする
A小売店をクレジット加盟店にする
B会員は、加盟店にカードを提示してサインすると後払いで買い物ができる
C加盟店は会員の使った金額をカード会社に請求する(利用伝票をカード会社に送付する)
Dカード会社は小売店に対し、一定の加盟店手数料を差し引いて買い物金額を立替払いする
Eカード会社は会員から買い物代金を徴収する(決済口座からの自動引落し)

関連ワード>割賦販売(三社間契約)
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578726

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。