クレジット教育(education of credit)とは

クレジット教育(education of credit)とは
クレジット教育(education of credit)は消費者教育は「消費生活を営むにあたり、消費者が自らの価値観に基づいて、主体的に行動する能力を養うこt」と定義されています。その様な一連の行動の中で、クレジットが果たす役割を明確にすることがクレジット教育です。日本クレジット産業協会では、1984(昭和59)年から取り組んでいます。1991(平成3)年3月に告示された文部省の新学習指導要領では、学校教育において消費者教育を実施するよう方向性を固めました。とくに高等学校の家庭科では、この科目を男女とも必修とし、「家庭一般」「生活技術」「生活一般」の中から1科目を選択させるように改めました。さらに、これらの教科の中に共通して「家庭経済と消費」という大項目を設け、その中の小項目として「消費者信用」を掲げています。文部省編による高等がっこう家庭科学習指導要領解説では、「消費者信用」の指導内容を「消費者信用の概要と仕組みについて理解させ、その社会的・経済的背景を認識させる」、消費者信用については例えば「クレジットカードや住宅ローンなどの販売信用と消費者金融を取り扱う」としています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「く」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。