電子為替(electronic exchange)とは

電子為替(electronic exchange)とは
従来、国内為替取引においては「文書為替」と「電信為替」という区分が存在していますが、最近では「電信(telegraph)」の代わりにデータ通信やインターネットなどコンピュータ間通信が主流となってきています。また、外国為替取引などでも電子取引化が進展しており、とくに最近では電子情報機器(パソコンや携帯電話など)を利用した送金振込が一般化してきたことなどを受けて、それらに対応した為替取引に種類を表す言葉として利用されています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。