CRS(chargeback reduction service)とは

CRS(chargeback reduction service)とは
CRS(chargeback reduction service)はクレジットカードで決済した商品・サービスにカード会員が満足できない場合に、カード会社にクレーム処理をすることによって、商品・サービスの販売店(加盟店)に利用代金を支払わないようにすることができ、最終的にはカード利用明細「払戻し金額」をして表示されます。これを「チャージバック(chargeback)」と呼んでいますが、クレジットカード・データ処理会社(プロセッサー会社)にとっては、カード会員から出されるこうしたクレーム(不服、苦情)処理は事務処理コスト面から非常に大きな課題になっています。カード会員から申請されるこのような払戻し請求の件数を減らすために提供されています。クレーム内容の正当性等を自動的にチェックするサービスがCRSです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578773

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。