電子資金振替法(EFTアクト)(The Electronic Fund Transfers Act)とは

電子資金振替法(EFTアクト)(The Electronic Fund Transfers Act)とは
電子資金振替法(EFTアクト)(The Electronic Fund Transfers Act)は1978年10月制定、1979年施行の米国法です。金融機関規制法および金利規制法(Financial Institutions Regulatory and Interest Rate Control Act)に対する、修正追補法とし制定されたものです。わが国の「自動振替」のように、電子的に口座決済(振替)を行なう場合の消費者保護を定めた法律です。「電子的口座決済法」とも呼びます。主な内容は、以下のとおりです。@詐欺、不正使用などを発見した場合、2営業日以内に不正使用の事実を報告すれば、不正振替(決済)に対する消費者の責任は50ドルに限定する。Aカード(キャッシュカード)の紛失・盗難の時は、60日以内に届けなければなりません。この届けを行なわなかった時の個人責任の上限は500ドルです。B金融機関がEFTアクトの規定に従わなかった場合、被害を受けた消費者は、実際の損害(金融機関が誤りの訂正を怠った場合はその被害額の3倍)に100ドルから1
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。