景品表示法(Act against Unjustifiable Premiums and Misleading Representations)とは

景品表示法(Act against Unjustifiable Premiums and Misleading Representations)とは
景品表示法(Act against Unjustifiable Premiums and Misleading Representations)は正式名称は「不当景品類及び不当表示防止法」です。「私的独占の禁止及び公正取引の確保に関する法律」の特別法として、1962(昭和37)年に制定された景品の提供および表示に関する法律です。過大な景品類や虚偽・誇大な表示による不当な顧客誘引行為を防止するため、独占禁止法の特例を定め、公正な競争を確保し、一般消費者の利益を保護することを目的としています。広告物の表示につても規定されており、事業者は自己の供給する商品またはサービスについて@実際のものより著しく優良であると一般消費者に誤認させる(優良誤認)表示、A実際のものよりも著しく有利であると一般消費者に誤認させる(有利誤認)表示、Bその他一般消費者に誤認されるおそれがある表示(公正取引委員会が指定するもの)をしてはならない(同法4条)とされています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。