電子商取引(EC=Electronic commerce)とは

電子商取引(EC=Electronic commerce)とは
電子商取引(EC=Electronic commerce)はインターネットなど、コンピュータ・ネットワークを使った経済活動です。電子決済は、電話回線などの通信ネットワークを利用して情報をやりとりし、資金の移動や製品・サービス代金の決済を済ませる方法です。銀行などの窓口に行かなくても、会社や家庭のコンピュータや通信端末で直接、金融機関に送金の指示ができるため、商取引に関する事務の効率化や、無店舗販売の普及につながります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。