電子商取引推進協議会(ECOM=Electronic Commerce Promotion Council of Japan)とは

電子商取引推進協議会(ECOM=Electronic Commerce Promotion Council of Japan)とは
電子商取引推進協議会(ECOM=Electronic Commerce Promotion Council of Japan)は略称;ECOM(イーコム)といいます。1996(平成8)年1月、旧通産省主体で「電子商取引実証推進協議会」としてスタートしました。電子商取引(EC)の実現と普及を図ることを目的として設立された団体です。企業間電子商取引(B to B)に関しては企業間電子商取引推進機構(JECALS)が、企業ー消費者間電子商取引(B to C)に関しては電子商取引実証推進協議会(ECOM)が、電子データ交換関係では産業情報化推進センター(CII)が、それぞれ活動を行なってきましたが、JECALSおよびECOMに関しては、2000(平成12)年3月をもって終了、4月からは新しい形で電子商取引の一層の推進と国際的に貢献し得る成果を目指し活動を行なうため、「電子商取引推進協議会」として再スタートを切りました。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578780

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。