電子商取引トラブル(electronic commerce trouble)とは

電子商取引トラブル(electronic commerce trouble)とは
電子商取引トラブル(electronic commerce trouble)はインターネットなどのコンピュータ・ネットワークを利用する電子商取引は、「特定商取引に関する法律」(特定商取引法)に規定される通信販売ですが、契約当事者の顔が見えず、相手方の特定や責任追及が困難などから、悪質商法が行なわれやすいです。パソコン通信やインターネットの普及とともにトラブルも増大しています。特徴的な被害として、ネットワーク上で本人かどうかを確認するID番号とパスワードを盗み出し、本人になりすまして売買契約をする「なりすまし契約」がありますが、IDやパスワードは本人が管理することになっているため、被害救済は難しくなっています。

関連ワード > インターネット契約(取引)/インターネットトラブル
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。