契約自由の原則(principle for the freedom of contract)とは

契約自由の原則(principle for the freedom of contract)とは
契約自由の原則(principle for the freedom of contract)は個人は社会生活において、その意思に基づいて契約関係を結ぶことができ、国家はこれに干渉してはならないという原則のことです。私的自治原則と並ぶ近代私法の原則の1つです。@契約締結の自由、A相手方選択の自由、B契約内容決定の自由、C計約形式の自由、からなっています。ただし、今日では経済的弱者の保護や大量的取引の要請などから労働契約、借地・借家契約や保険契約、運送契約などのようにこの原則に制限が加えられています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。