電子証明書(digital ID)とは

電子証明書(digital ID)とは
電子証明書(digital ID)は通信ネットワーク上で取引を行なうにあたり、あらかじめ専門の認証機関の認証を受けておくのが電子証明書です。電子商取引を行なおうとする業者は、認証機関に印鑑証明、登記簿謄本などの必要書類を添付して登録申請書を郵送します。それらに基づき認証機関は審査を行ないます。さらに業者は公開鍵を含む要求ファイルを電子メールで認証機関に送付します。認証機関では、デジタルIDを発行し、それが電子証明書として用いられます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「と」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578786

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。