CI(corporate idelltity)とは  

CI(corporate idelltity)とは 
CI(corporate idelltity)は企業イメージ統合戦略です。会社のシンボルマークやロゴマークの変更、キャッチフレーズの制定、社名の変更などが具体的な手段です。従業員の意識・行動変革が重要な要素となります。そのため、CI活動を進めるには、まずDI(domainidentity=事業領域の明確化)が必要とされます。DIとリンクした形で、PI(product identity=製品イメージの統一)やII(innovation identity=革新イメージの統一)、さらにVI(visualidentity=製品デザインイメージの統一)、MI(mind identity)、BI(behavior identity)などの用語も使われています。 
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「し」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578787

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。