電子署名法とは

電子署名法とは
電子署名法は「電子署名及び認証業務に関する法律」のことです。2001年4月に施行されました。ネットワーク上の契約や取引などに使われる電子書名(デジタル署名)に、印鑑やサインと同様の法的効力をもたせるための法律です。電子署名を行なうユーザーは、あらかじめ認証機関(CA=certificate authouity)に対して、自分の公開鍵を渡して公開鍵入りの電子証明書の発行を受けておくことが必要です。

関連ワード > 電子証明書、電子認証
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。