電子政府(cyber govemment)とは

電子政府(cyber govemment)とは
電子政府(cyber govemment)はインターネットを利用した、高水準の行政サービスのことです。具体的には、行政手続きの電子化です。日本政府が推進している「スーパー電子政府」は、官公庁や自治体に対して行なう申請や届け出の手続きの負担を軽減したり、知りたい情報をすぐ引き出せる情報公開など、国民に対する行政サービス内容の充実、高品質化に対する要求を電子化によって実現することを目的としています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578791

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。