契約の解除権(right of rescission;right to rescind;right to cancel)とは

契約の解除権(right of rescission;right to rescind;right to cancel)とは
契約の解除権(right of rescission;right to rescind;right to cancel)は契約当事者の一方が、相手の意思にかかわらず解除できる権利をいいます。一般に、契約の解除には当事者間の合意に基づく「合意解除」と、一方の当事者が「契約の解除権の行使」によって行なうものがあります。この解除権には、約定解除権(契約上発生する解除権)と決定解除権(相手方の債務不履行により発生する解除権)とがあります。割賦販売契約における与信業者側の契約の解除権は@返済期日が過ぎて、20日以上の相当な期間を定めて催告しても返済がなかった場合、A手形不渡り、破産など債務者の信用状態に重大な変化(悪化)があった場合、B債務者が重大な契約違反を犯したとき、などであり、それらの条項は契約書に盛り込まれています。一方、受信者(債務者)側に属する契約の解除権は@実際に受け取った商品が、見本やカタログと相違している場合、Aクーリングオフ(8日以内のキャンセル)が適用できる契約の場合などがあります。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「て」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578792

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。