系列方式(maker-credit)とは

系列方式(maker-credit)とは
系列方式(maker-credit)はメーカーが小売店と消費者の間に、自社系列の割賦販売業者(メーカー割賦)を介在させ、クレジット契約を行なう方式です。小売店はメーカー割賦業者の加盟店になります。小売店が貸倒れのリスクを負担(代位弁済)するwith-recourse契約と、小売店はリスク負担しないwithout-recourse契約があります。

関連ワード>専門機関媒介方式、独立方式
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。