EDI(electronic data interchange)とは

EDI(electronic data interchange)とは
EDI(electronic data interchange)は電子データ交換のことで企業間取引において商品の受発注などを行う際に企業のコンピュータを通信回線で相互に接続し電子的に商取引を交換する仕組みです。ちなみに、通商産業省の「電子計算機相互運用環境整備委員会」(1989年)ではEDIを「異なる組織間で取引のためのメッセージを通信回線を介して標準的な規約(可能な限り広く合意された各種規約)を用いてコンピュータ(端末を含む)間で交換すること」と定義しています。EDIにおける受発注の商取引データに加え支払指図等の資金決済データも併せて授受しようとする仕組みを「金融EDI」と呼びます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578799

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。