EU指令(個人データ保護指令)(Directive 95/46/EC of the European Parliament and Council)とは

EU指令(個人データ保護指令)(Directive 95/46/EC of the European Parliament and Council)とは
EU指令(個人データ保護指令)(Directive 95/46/EC of the European Parliament and Council)は「個人データ処理に係る個人の保護及び当該データの自由な移動に関する欧州議会及び理事会指令」のことです。1995年10月24日採択され欧州連合(EU=European Union)は国境を越えて経済活動が行われることから個人情報に関して加盟国(15カ国)が共通のデータ保護法を整備することを決めたものです。また、同指令においてはEU内だけにとどまらず、他国に対しても同様の保護法が整備されていない国との個人情報の流通を規制しています。欧米では個人情報の保護に関する法律内容に考えの違いがあり欧州は個人情報全体を包括的に規制するが米国は情報内容に応じて個別法を制定しています。このため、EU指令は欧米間での議論を生みました。また日本においても個人情報保護法制定を必要とする理由の1つになっています。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578802

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。