異時廃止(non-simultaneous abolition)とは

異時廃止(non-simultaneous abolition)とは
異時廃止(non-simultaneous abolition)は破産廃止の一種で破産宣告後の破産手続が進行中に裁判所が破産団体が不足で破産手続の費用も賄えない認めた場合に破産管財人の申立てまたは裁判所の職権により手続が廃止されることです。この場合裁判所は債権者集会の意見を聞かなければなりません(破産法 353条)。

関連ワード>同時廃止
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「い」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。