減価償却(depreciation)とは

減価償却(depreciation)とは
減価償却(depreciation)はわが国の税務・会計原則では、一定金額以上の有形資産(土地を除く)について、その一定の割合ずつを「毎年価値が減少する」ものとして、資産評価額を減じさせ、その減少分を費用に計上することを認めています。このような資産の減額評価のことをいいます。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。