源泉徴収(withholding at source)とは

源泉徴収(withholding at source)とは
源泉徴収(withholding at source)は勤労所得や退職所得、利子、配当等から所定の所得税額を天引きする制度のことです。源泉徴収制度は1940(昭和16)年に、激増する戦費調達の採用されたものです。
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「け」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。