ICカード(integrated circuit card)とは

ICカード(integrated circuit card)とは
ICカード(integrated circuit card)は従来の磁気ストライプに代わり記憶媒体をしてIC(integrated circuit=集積回路)チップを組み込んだカードのことです。磁気ストライプが約80字分という限られた情報しか収める事が出来なかったのに対しICカードはコスト的には高いが大容量のマイクロチップにより約8000字分の情報を記憶し情報の書き換えも可能です。また、第三者によるデータの検索や読み取りが難しく暗証番号の複雑化も容易なため偽造・変造等が困難でセキュリティ面でも磁気ストライプに比べて優れています。1975(昭和50)年にフランスで開発され各国で多方面での実用化が進んでいます。日本でもICカードを利用した電子マネーが各地で導入されているほかクレジットカードや銀行のキャッシュカードのICカード化への移行が進められています。
なお、読取装置に差し込んで使う「接触型(接触式)ICカード」だけでなく装置に近づけるだけで差し込む必要のない「非接触型(非接触式)ICカード」も交通系を中心に導入が始まっています。

関連ワード>非接触型ICカード
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「あ」から始まる金融用語解説

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。