IPv6(アイピー・バージョン・シックス)(Internet Protocol version 6)とは

IPv6(アイピー・バージョン・シックス)(Internet Protocol version 6)とは
IPv6(アイピー・バージョン・シックス)(Internet Protocol version 6)はインターネットのプロトコル(通信規約)の1つでインターネットアドレスとしてIPv4では32ビットのIPアドレスが使われてきましたがインターネットに接続されるコンピュータの数が爆発的に増加しているので2010年頃にはIPアドレスが不足することが予想されています。その対策として1994年にIETF(Internet Engineering Task Force)によってIPv6が標準化され123ビットのIPアドレスを使えるので従来の32ビットのIPv4にくらべ飛躍的にアドレス空間が広がることとなり、IPv4では割り当て可能なアドレスは約43億個ですがIPv6では「34×10の38乗」で事実上無限大といえます。あらゆるものにアドレスをつけネットワーク化することが可能になります。すなわち、「ユビキタス・ネットワーク」の世界が現実のものになります。

関連ワード>ユビキタス・ネットワーク
posted by 金融用語辞典 | | TrackBack(0) | 「あ」から始まる金融用語解説
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/62578965

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。